レーシックの過矯正ほど恐いものはない

レーシックの手術で問題になっているのは「過矯正」です。あまりにもくっきり見えすぎて、視界の緊張状態がずっと続き、気分が悪くなったりするケースもあります。

視界の変化による疲労感というのは相当なもので、とにかく目を開けているがツラいのです。結局、日常生活にも支障が出て仕事が手につかなくなってしまい、重度の後遺症に苦しんでいる方もいらっしゃるのです。

レーシック等の手術による視力回復の試みは、人体にとってきわめて不自然な行為といえるのではないでしょうか。

手術を受けて視力がまったく回復しないケースもあれば、過矯正によって負担のかかる生活を強いられる――これでは成功率が高いという評判もあまりあてになりませんよね。

手術をしなくても視力を回復する手段はあります。お金をかけずに無理なく安全に実践できて、失敗しようがない視力回復プラグラムにご興味ありませんか。

レーシックなんて要らない!!自宅でできる視力回復プログラム

安全確実な視力回復法は存在します!!

視力回復プログラムベスト3

ホストの設定