近視と仮性近視の違いと回復法について

長時間、近くのものだけを見るような生活を続けている子供の水晶体は、毛様筋の緊張がとけなくなってふくらんだままの状態になってしまいます。

こうなると、近くのものはピントを合わせることができますが、遠くのものを見ようとするとピンボケの状態になり、はっきり見えない状態となります。これが近視とよばれる状態なんですね。

この状態が一時的なもので、目を休めたり遠くのものを眺めたりすることで毛様筋の緊張が緩み、元の状態に戻るのを仮性近視(偽性近視)と呼ぶのです。

仮性近視の治療や診断はなかなか難しく、一般には小児や思春期の学生の軽い近視と思われがちです。しかし、たとえ程度が軽くても近視状態が固定化してしまったものは、もはや仮性近視とは呼ばないのですね。

さらに毛様筋の異常によって近視になるものを「屈折性近視」、目の前後径が長くなって起こる近視を「軸性近視」と呼び、強い近視のほとんどがこの「軸性近視」なのです。

「軸性近視」にはもちろん遺伝的な要素もあるでしょう。しかしほとんどの場合、後天的なもの。読書するときに姿勢が悪かったり、暗いところで勉強したり、ゲームのしすぎなど目の使い方が悪いために起こってしまいます。

しかし近視は治らない病気ではありません。手術しないで安全に自宅でできる視力回復法があります。下記のページにて、数多くの近視の子供たちが視力を回復したトレーニングプログラムをご紹介しましょう。

子供の近視を安全に回復する注目の視力回復プログラムはこちら

安全確実な視力回復法は存在します!!

視力回復プログラムベスト3

ホストの設定