TVゲームによって子供の視力を悪くしないために

テレビゲームは子供の目を確実に悪くします。しかし目に悪いからという正論をふりかざして、子供からテレビゲームを取り上げたらどうなるでしょうか。

テレビゲームをしないことによって友達の会話についていけず、仲間外れになるというケースも少なくありません。パソコンやテレビゲームなど、視力を低下させる要素があるとはいえ、これらは文化の進展によって生み出されたもの。

一方的に排斥するのではなく、上手につき合う姿勢が大切なのではないでしょうか。子供の目を守るためにも目のケアに十分気を遣いながら、テレビゲームを楽しむ工夫が大切です。


■テレビゲームから子供の目を守るための提言

●長時間行わないようにさせる
30分以内がベストですが、多くても1時間までにしたいものです。それ以上のプレイは要注意です。

●ゲーム以外に目を向けさせる
家にこもってばかりいないで、外で元気よく遊ばせることはとても大切です。勉強と運動を両立させるのが子供の成長にとって最も良い影響を及ぼします。スポーツクラブに通わせることでゲームへの関心を他に向けさせることができるでしょう。

●正しい視力予防と、視力回復トレーニングの実践
民間での視力回復トレーニングには効果の高いものがあります。簡単な訓練を実践することで、ゲーム等で子供の視力を低下させる心配がなくなります。また、すでに視力が低下してしまった子供にも有効な方法ですので、ご興味あれば下記のページをご覧ください。

低下した子供の視力を回復させる、安全なトレーニング法

安全確実な視力回復法は存在します!!

視力回復プログラムベスト3

ホストの設定